18歳以上の人におすすめな高反発マットレスって?2つの人気マットレスを比較!

モットンと東京西川のAIR。腰痛に効果のあるのはどっちの高反発マットレス?徹底比較!

腰痛改善を目的に、寝具を見直す人も増えてきています。有名寝具メーカーから、ネットショップ限定のマットレスまで、その種類は数え切れないほどあります。

寝具といえば、老舗の東京西川を思い浮かべる方も多いかもしれません。そんな東京西川から腰痛対策としても好評のマットレス、AIR。カズやネイマールなど有名サッカー選手をイメージキャラクターを務めていて、CMを目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

対して、社名はあまり有名ではないのですが、ネットサイトや口コミで話題になっているモットン。CMもほとんどしていないにも関わらず、その腰痛改善効果の凄さから購入する人が増えています。

それでは2つの高反発マットレスについて見ていきましょう♪

今回はこの2つのマットレスのどちらが腰痛に効果があるのか?、メリットやデメリットは?など、徹底的に比較していきます。

2つの高反発マットレスの特徴は?

まずは2つのマットレスの特徴ですが。

東京西川のAIRは「点で眠る」をコンセプトにしています。従来のウレタン製の高反発マットレスとは違った、その特殊な形状のマットレスが最大の特徴です。プロスポーツ選手でも多くの人が愛用しています。日々の睡眠で体のケアを行うために開発された、特殊なマットレスで、どの睡眠時の姿勢でも体の負担が少なくバランスよく支えてくれる快適な寝心地が好評です。たくさんの突起状のマットレスが、体全体を点で支えることで、体圧分散を行い、一部分にだけ負担がかかることを防いでくれます。このAIRですが、ANAのファーストクラスでも使用されていて、その快適さが乗客からも好評だといいます。

対するモットンですが、株式会社グリボーという会社から販売されています。聞きなれない社名なので、「品質や効果は大丈夫なのかな?」と思うかもしれません。
もともとは福岡の小さな布団屋さんから始まったこの会社。「もっと良い布団を届けたい」という思いから、モットンの製造にも多くの時間を費やしてきています。その開発会議は何と1年以上。しかも、耐性や寝心地を良くするためにたくさんの実験が行われています。

このモットンの凄いところは、高反発マットレスなのに硬さが選べるという点です。使う人の体格や好みによって硬さが選べ他方が良いという思いから、同一サイズであっても100N、140N,、170Nと3種類から硬さを選ぶことができるのです。

モットンの特徴は、その設計構造にもあります。それは、日本人の体格や筋力に合わせて、理想的な寝返りが打てるように設計されていることです。
そのため、睡眠時に自然に寝返りが打てるので、結果的に体の歪みを治したり、腰痛が改善するというわけなんです。

こちらのイメージキャラクターは、球界のレジェンドと呼ばれている山本昌さんが努めています。

2つの高反発マットレスそれぞれのメリットは?

AIRのメリットは、独自の点で支える構造だといえます。特殊立体クロススリットや、ブロック構造など、老舗寝具メーカーだからこそ分かる製造方法やノウハウが詰まっているという点です。
また、ウレタンフォームを使っているのに通気性が良いというところもメリットの一つです。

専用のシーツも豊富に用意されており、気分によって変えられるというのも大手メーカーならではのメリットだといえます。
それに対して、モットンのメリットはどうかというと。

腰痛効果に特化した、設計構造の高反発マットレスであるということ。筋肉量の少ない女性や老人であっても、寝返りを打つ際にほとんど力を使わずに寝返りが打てるという設計はモットンの一番のメリットといえます。また、硬さを選べる点や返金保証が付いているのは、寝具メーカーの中でも異例のことです。
AIR同様に、こちらも通気性に優れた特殊なウレタンフォームを使っています。さらに10年以上使っても、マットレスがへたれないという結果が実験からも出ているようです。耐久性も高く、長持ちするマットレスだといえます。

2つのマットレス、デメリットはなんなのか?

そんなモットンと西川のAIRですが。デメリットはなんなのでしょうか?

西川のAIRの最大のデメリットは、なんといっても値段の高さ。10万円以上してしまうので、老舗メーカーだから安心して購入できるとはいえ、高いと感じる方も多いでしょう。また、高反発しにしては少しマットレスが柔らかく感じるのもデメリットかもしれません。

低反発のような、柔らかいマットレスが好きな方にはAIRは合っていると言えます。

高反発マットレスの選び方についてやその効果はマットレスの専門家が解説をしている下記サイトが参考になります。

参考⇒高反発マットレスおすすめランキング【公式】

対して、モットンのデメリットは臭いと店舗で試せないことです。届いてから数日は独特の臭いがするため、風通しの良い場所においておくことが必須です。また、返金制度があるとはいえ、店舗では試すことができないのもデメリットだといえます。

高反発マットレスの比較まとめ

柔らかめの寝心地と、少し体が沈むような感覚が好きな方はAIRがオススメ。腰痛を本気で治したい、なるべく安くマットレスを購入したいという方はモットンがオススメだといえます。

腰痛改善の鍵はマットレス!低反発&高反発マットレスを使った体験談

睡眠中の状態が体調に影響する!マットレスで快適な睡眠を手に入れよう

以前は、普通の布団に寝ていました。

それが、毎日腰や肩こりがだんだんひどくなり、この痛みが少しでもましにならないかと思っていました。

マッサージやストレッチや体操などで、少しは、ましになります。

でも、寝ているときが一番長く、朝起きた時が痛くないかが問題だと思いました。

それは、やはり敷布団や、まくらなどだと感じました。マットレスを敷布団の下にひいてみようと思いました。

早速スーパーで、低反発マットレスを買い、試しに寝てみました。

すると、全然寝心地が違い、翌日が楽でした。

しばらく、そのマットレスがよかったのですが、何年か経つと、そのマットレスも傷んで、へたってきたのです。

寝心地もさすがに悪くなりました。

このままではいけないと思い、新たなマットレスを買わなければいけないと思いました。

次に買おうと思ったのは、ネットショッピングです。

いろんなマットレスの種類があるんだなと思いました。

予想以上にたくさんの種類があり、すごく迷いました。

どれにしたらよいのか、低反発マットレスばかりではなく、高反発もありました。

高反発マットレスも、今以上に腰の悪さや肩こり、不眠などがよくなるとのことでした。

その口コミなどを見て、試してみようと思いました。

ネットショップで、選んで評判の良いものを注文しました。

早速早くに届きました。

その日のうちに、開いてその晩から、寝ました。

翌日は、腰の負担が楽になりました。

この高反発マットレスは、評判どうりよかったです。

寝心地も、腰や、肩こりがすごく楽になり買ってよかったと、つくずく思いました。

今は、このマットレスに巡り合ってよかったと思います。

ほんとうに、いい商品だと思います。

10センチの高さがあります。

ふかふかで、弾力がすごくあります。

以前は、4センチの高さでした。まったく違う高さでした。

高さがあるうちは、よかったのですが、だんだんへたってきたのです。

そうなると、寝心地も悪くなり、肩こりや、腰が悪くなりました。

このような体調を治すために、高反発マットレスにしました。

これは、正解でした。

みるみるうちに、よくなっていきました。

マットレスと、まくらを使いつずけています。

いかに、布団や、マットレス、まくらなどが大切であるか、かんじたことでした。

これからも、この高反発マットレスを大事にしてつかっていくつもりです。

寝心地のいいマットレスを使って、健康に気を付けていこうと思っています。

翌日、すっきり疲れが取れるようになるマットレスが一番大事だと思います。

マットレスの敷きっぱなしはやめて、太陽にあててあげましょう

マットレスって、ベッドだったりで、いつも敷きっぱなしの状態でいると、気づいた時には黒い点々としたカビが発生している、ということがあると思います。

私も、主婦になりたてで、まだ全然家事になれていなく、知識もない頃に、よく、マットレスにカビを生やせてしまっていました。

カビが生えたマットレスを、使い続ける気にはなりませんし、何枚、マットレスを無駄にしたかわかりません。

ですが、専業主婦になって10年以上がたちまして、私も、経験から勉強して、マットレスは、敷きっぱなしにしておくと、湿気がこもってしまい、カビが発生してしまう、ということを学んだので、今では、マットレスを無駄にすることなく、カビを発生させないで過ごしています。

ベッドなので、敷パットや、布団カバーなどはちゃんと洗濯もして、天気がよく、日光が十分に出ている日には、敷布団や掛け布団を外に干して、日光消毒をしっかりとし、湿気も取り除くようにしています。

しかし、そこで、いつもマットレスのことを忘れていて、何もしてこなかったのですが、今では、しっかりとマットレスも、外に干して、日光消毒をして、湿気をとっています。

そうすると、マットレスは、湿気がこもることもなく、いつも清潔な状態を保つことができると思います。

寝具を清潔な状態に保つということは、私たちの健康にも、とてもいい影響を与えてくれるし、アレルギーやハウスダストを引き起こす原因を取り除いてくれて、生活の向上にもつながると思います。

清潔な布団で眠るのはとても気持ちいいですよね。

太陽の光にあてて干した布団は、太陽のいいにおいがして、とっても心地よく、いい眠りにつけると思います。

ですが、その下のマットレスがカビだらけだったら、せっかくの気持ちいい布団も、意味がなくなってしまいます。

なので、忘れがちだとは思いますが、布団を干すときには、必ずマットレスもセットにして、太陽にあてていきましょう。

人は、寝ている間にたくさんの汗をかいているわけですから、そのままにしておけば、湿気がすごくなって、カビてしまうのは当たり前です。

さすがに、毎日するのは、面倒ですし、大変なので続かないと思いますが、せめて一週間に一回くらいは、マットレスもセットにして、外に干せたらいいですよね。

そうすれば、湿気がたまらずに、カビが発生することもなく、いつまでもきれいな、マットレスを使用できると思うので、こまめに外に干すことを大事にしたいです。

腰痛でも家事はしないわけにはいかない!腰痛になってしまった後の対処法

軽い腰痛にはストレッチをしよう!酷い時は無理せず安静に!

ストレッチの仕方を覚えると腰痛が起きたとき治すことができますよ~。

腰痛の度に整骨院へ行ったり整形外科へ行ってリハビリなんて大変です。

そこへ行くまでの間が大変ですし、まして腰が痛い状態のままひとりで移動するなんてどれだけ苦しいことか・・・。

誰かに病院まで送り迎えを頼める状態ならまだいいと思います。

でも、腰痛になった状態で車に乗るのも大変じゃないですか?

私だったら腰痛が起きたときは家で安静にするか軽いストレッチをして過ごします。

気温が高かったり低かったり、そういう気温差も身体に影響がありますよ。

もちろん腰痛に良い影響はありません。

身体のストレスになることはできるだけ避けた方がいいのです。

だからストレッチをするにしても腰の状態を確かめてから。

腰がすごく痛くて動くことも辛い状態ならストレッチはやらない方が良いですね・・・。

そのまま横になって休むか、誰かに腰をさすってもらうかして安静にしているのが良いでしょう。

自分で腰をさすれるならさすってもいいですが寝た状態のまま片手で腰をさすると身体がねじれますよね・・・。

それでなくても腰に異常があるときに腰をねじる動作を続けるのは心配です。

さて、私は時々軽い腰痛になります。

家事をしている最中に腰痛になることが多いので、如何に同じ姿勢を続けることが身体に悪いのか腰の負担になっているのかが分かります。

1番腰痛になる場所は浴室なんです。

浴室を掃除しているときどうしてもしゃがむ姿勢が多くなるわけです。

立つときは壁の高いところをから拭きしたり天井の水滴を拭き取ったりするくらい。

ほとんどが座り込んだり中腰の姿勢になって掃除を進めるわけです。

そうなるとどうしたって腰の負担が増えるわけで・・・。

腰の負担って立って何かをするときより中腰の姿勢だったり座っている姿勢のほうが大きいです。

立って作業した方がまだマシなくらい・・・浴室だけは注意して掃除しないと腰痛が起るので、こまめに掃除をすることにして汚れを溜めないようにしています。

1番良いと思うのは入浴しながら掃除を済ませてしまうこと。

入浴中ならもし腰痛になってもお湯に浸かって筋肉をラクにすることも可能です。

これが分かっていてもなかなかできないのが悩みなんですがなるべくこまめに入浴中の掃除をするようにしています。

腰痛持ちになってしまうと本当にやっかい。

ふとしたときにぎっくり腰になってしまう危険もありますから・・・。

腰痛になることで出た生活への支障。つくづく感じた運動・矯正の大切さ

対策も三日坊主になってしまう!何度も治っては再発を繰り返してしまう私

自分ではバリバリ動ける体だと思っていたのですが、思い込みというのは悲しいものだと感じました。

仕事は接客業をしており、多少体は動かすのですが、普段はとても健康的とは言えない生活を送っていたので、これはいかんとジムに通い始めたのが失敗でした。

自分の体力以上の運動を繰り返しているうち、腰痛になってしまったのです。

ここから、痛みとの厳しい戦いが始まりました。

腰痛になって気が付いたこと。それは、腰痛は逃げ道のない痛みだということです。

立っていても痛いし、寝転んでも痛いし、常に痛みが纏わりついてくるのです。

また、困ったことに仕事は常に立ち仕事でたまに重い荷物を運ばなければいけない場面も出てくるのです。

たまにお客さんと顔を合わすこともあるのですが、お客さんに痛々しい顔を見せることができるわけもなく、笑顔を作るので精一杯で精神的にもきつかったです。

また、痛みが長引けば長引くほどそれに比例して普段の生活でのテンションも下がっていきます。

「いつになったらこの苦しみから解放されるのだろう」という小説の一文にあるようなセリフが常に頭の中を駆け巡るのです。

それから、マッサージをしてみたり湿布を貼ってみたり、いろいろ試行錯誤してやっと痛みがなくなったときは心から喜びました。

「やっと苦しみから解放される」と。

そして誓うのです。

「同じ過ちを繰り返さないように、これからは適度に運動しよう」と。

その時は。

おそらく私は典型的な三日坊主なのでしょう。

本当に三日でさっきの誓いを怠り、以前の不健康生活に戻ってしまいました。

すると天罰が下ったのでしょうか。

仕事で重い荷物を運んでいる最中、また腰を痛めてしまいました。

まさしく因果応報。

そして痛みとの闘い、治療、完治、適度に運動しよう宣言からの三日坊主の流れを半年で4回ぐらい繰り返しました。

こうやって書いていて、自分は学ばない生き物なのだなと反省しています。

これは私の推測でもあるのですが、一度腰痛を経験してしまうと、それが癖づいてしまい、腰痛になりやすい体になってしまうのだと感じました。

それに気づくまでに4回も腰痛を経験している自分もどうかと思いますが。

それに気づいてから私は本当に反省し、適度に運動するように心がけ、腰痛になりにくい姿勢というのをネットなどで調べて、とにかく腰痛にならないように努めています。

私は、腰は家でいうところの大黒柱だと思っています。

腰がダメになると、体全体だけでなく精神的にもやられるので、皆さんも気を付けていただきたいと思います。

大誤算!腰痛持ちの夫には柔らかすぎるマットレスが合わなかった!

新築マンション購入とともに、今までの布団生活から脱出することに。

ダブルベッドをひとつ、シングルベッドをふたつ購入したのですが、何しろ初めてのベッド生活です。

まずはどのようなベッドを買っていいのかという点から分かりません。

家具売場で実際に寝てみながら、ベッドの色はこれで、棚やコンセントがついてるからこっち。

そう決めた後、いよいよマットレスを決めることになりました。

まずは厚さ。薄いものから厚いものまでいろいろです。

素人判断ですが、厚いもののほうが心地よく眠れるのではないかと思いました。

そこで、厚いマットレスを中心に何種類か横たわってみた結果、ふんわり気持ちの良い感じで寝られるものを選びました。

N-sleepという名で、ポケットコイルが二層構造になっているのがウリのこのマットレス。背骨が理想のS字ラインにキープされるとかで、コリのひどい私にはもってこいの理想のマットレスのように思えました。

今までの硬い布団の下に敷いた、3センチ程度の薄いマットレスがいかにも貧乏くさく感じられました。

薄いマットレス5枚分はある厚みの、大変ゴージャスな雰囲気のとりこになってしまったのです。

結局4万円近くもするその高級マットレスを3つ購入し、長持ちさせるようにベッドパッドとボックスシーツを購入してマットレスに装着し、いざ寝てみたところ、やはり柔らかい。

まるでおとぎ話に登場するお姫様になったかのような寝心地です。

私は夫とダブルベッドに寝ていたのですが、体重差に偏ることなくしっかりとコイルが支えてくれるように感じました。

でも、数カ月たった頃でしょうか。私は衝撃の事実に気づきました。

夫が、夜中ベッドにいないのです。

最初は眠気に勝てず、おかしいなと思うだけだったのですが、さすがに何度もいないとなると心配になります。

なんとか眠い目をこすってあたりを見回すと、いました。

夫はなんと、固い床にゲーム用の薄いマットを敷いて横たわっていたのです。

新幹線通勤を始めたせいか、腰痛に悩むようになったのが原因でした。

このマットレスだと柔らかすぎてかえって腰が痛い気がすると言うのです。

硬い床で寝ていると、体がシャッキリ伸びるような気がして気持ちいいと言い、気づいたら床で寝ています。

せっかくベッドを買ったというのに、半分は床で寝ている夫。

別のマットレスを選べばよかったと後悔しきり。今からでも、別のマットレス購入を検討したいと考えています。

腰痛の症状は十人十色。夫や母も腰痛持ちだけど症状はみんな違う

家族内に3人も腰痛持ちがいる。それぞれに効果があった対処法は?

36歳、主婦、腰痛経験あり。

夫46歳、慢性の腰痛。

主人は大型トラックの運転手です。

12年間、夜間ドライバーとして働いています。

中距離運転手で、毎日8時間はトラックを運転しているようです。

定期的に休憩をしていても、長時間の運転は腰に負担をかけています。

運転の他にも腰痛の原因は多くあります。

重い安全靴。

荷物の上げ下ろし作業。

車高の高いトラックは、乗るときも降りるときも腰に負担がかかります。

そして、昼夜逆転生活です。

5時に夕食を食べて、睡眠、16時に起床し朝食代わりにコーヒーを飲んで出社します。

運転中に菓子パンやお菓子を食べて空腹や眠気を耐えています。

運転の合間に食事を取ることもあるようですが、夜中なので胃には負担だと思います。

腰痛の原因の1つにはストレスもあるそうなので、肉体的にも精神的にもストレスの多いための職業病だと思います。

温泉やマッサージへ行くと一時は痛みが治まるのですが、2日もすれば痛んでいます。

特に長距離を運転したときは辛そうです。

市販の外用消炎鎮痛剤などを塗り仕事を続けています。

腰痛が酷くなったのは、働き出して10年目ごろです。

腰をかばうために”がに股歩き”になりました。

最近では腰を真っ直ぐに伸ばすのに時間がかかる様子です。

少し前かがみで歩くことがあるので心配です。

外食や軽食、ファストフードなどが多いため、骨密度と栄養不足が心配です。

自宅での食事ではカルシュウム配合の出汁を使うなど工夫をしていますが、

野菜嫌いの主人なので、ビタミンなどの栄養素は野菜ジュースや青汁で補っています。

私も以前に腰痛を経験したことがあります。

運動不足により筋力が落ちたことが原因のようでした。

毎日、腰が重くて、痛くて、痛みが増して。

洗濯かごを持ち上げるのも辛かったです。

ところが、美容のために始めた腹式呼吸により改善することが出来ました。

方法は、とても簡単です。

足を肩幅に広げて立ちます。

ヘソに手を当てて、スーッと息を吐くだけです。

この時、肛門を引き締め、お腹を限界まで凹ませるのです。

すると姿勢が正されて腰の位置が固定できます。

この動作を1日に数回行うことで、腰や腹筋が引き締まり腰痛も治ったのです。

主人の腰痛は手ごわいので簡単には治りませんが、ストレッチをしたり趣味のサッカーをして筋肉が固まらないようにしています。

ちなみに、私の母も腰痛持ちです。

母は太り過ぎが原因のようです。

母の場合は、開脚ストレッチが効果があるそうです。

「これやると痛みが無くなるのよ。」とご機嫌です。

しかし、私と主人は身体が硬く開脚が出来ません。残念です。

腰痛の原因と付き合い方は、人それぞれ違いがあるようです。

十人十色だと考えると、主人にあった改善方法を見つけようと気合が入ります。

曇りや雨で気分も沈みがちな中での昼寝はマットレスにも工夫を

寝具に工夫することで気分が変わる!カラーが人間に与える影響

いくら自由な休日や朝を迎えても、外の天気が爽やかでなければ何だか気分も落ち込んでしまいがち。

どんよりと曇った梅雨の長雨や曇天時等、特別外出の用事も無くゆったり自宅で過ごしているケースでさえ、何だか気分も暗くなってしまいがちなものです。

そんな時に気分を明るくしてくれるのはやはり明るい色調で爽やかな印象を受けるインテリアや家具でしょう。

普段過ごすリビングはもちろんの事、ちょっと家事の疲れで眠くなり昼寝や午睡に訪れる寝室や自室、あるいはそこに敷く寝具の色調も、出来れば明るい方がストレス無く身体を休める事が出来る筈です。

備え付けのベッドでなく、床に直に布団やマットレスを敷いて昼寝を楽しむのであれば、マットレスのカラーもなるべく明るいものに統一した方が気分が良いに違いありません。

普段は大人びた黒メインのダークカラーを利用していたとしても、外が雨天や曇天で薄暗いと寒々しい雰囲気が強調され、温かく落ち着いた気分で寝られないもの。

その点明るく爽やかなカラーであれば、まるで春のお花畑に寝転がっている様なリラックス状態に至る事が出来るでしょう。

カバー付きで取り外しが可能なマットレスなら、嫌な臭いが発生しないうちに取り外して洗濯しローテーションする事も出来ますから、洗剤や柔軟剤の清々しい香りを楽しめよりリラックス出来るものです。

私は一時期まで丁寧にシーツを敷き利用していたのですが、次第に交換が面倒臭くなってきてしまったのと、それが理由で万年床化する事を恐れ、結局取り替え可能なカバー付きマットレスを昼寝に用いる様になりました。

完全にマットレスを包み込むタイプのカバーであれば、シーツの様に寝返りを打つ度にずれてくる心配も全く無く、ほぼ寝付きの頃の快適な感触を維持したまま長く寝られるのもメリットです。

昼寝でやってしまいがちなのは、あまりに寝心地が気持ち良過ぎてついつい寝過ごしてしまい、ふと気が付くと夕方近くになっていた…というパターン。

これだけマットレスや布団に気を配っているのですから仕方無いと言えば仕方無いのですが、この問題に関しては、照明を明るくしたり目覚ましをセットするといった工夫で乗り切るしかなさそうです。

私の場合、あえて緊張感の出易い白色灯をセットしたリビングにマットレスを敷き、昼寝する様にしています。

黄色灯でないと寝付きが悪くなってしまうのでは?と思われがちですが、そもそも外が薄暗くこの程度で丁度良い感じなのと、強い眠気が起こっている時は意外と照明の色は気にならず寝られるという理由から、この様な行動を取っています。

また時間が来ても、すんなり目が覚め易い照明色であるという理由もあります。